普段の生活の中で収入印紙を使う機会
普段、生活をしていて収入印紙を使用する機会はほとんどないでしょう。
私は、職業がらほぼ毎日収入印紙のお目にかかります。
領収書など作成する際に、3万円以上だと200円の収入印紙をはります。
収入印紙の役割は印紙税法に定められた国税の納入の役割を果たします。
金額によってはる金額、枚数なども変わってきます。
こういった、ちょっとした知識として知っておくとどこかで役に立つときが来るかもしれません。
ぜひ頭の片隅に置いておいてみてください。
収入印紙のイメージ

知らなかった収入印紙の世界
普段の生活ではあまり目にする機会のない収入印紙ですが、最近住宅を建てることになり、土地の契約をした際に一万円の収入印紙を購入しました。
印紙は見た目切手みたいなものですが、こんなものが一万円するのかと少し溜息が出ました。
あまり印紙について知らなかったのですが、一番高額な印紙は十万円するそうです。
収入印紙は国庫収入になる租税や手数料などに使われます。
ネットでの取引が盛んになっていますが、こういった紙での取引というのは現物が目の前にあるので、なんだか身が引き締まる思いがしました。

収入印紙を利用した体験談
私が生まれて初めて収入印紙を利用することになったのが自動車の運転免許を取得する時です。
それまでは、収入印紙がどういったもので何に使うのかサッパリわかりませんでした。
ですが、運転免許取得にあったって、その料金を払う際に収入印紙が必要ということもあって、それを貼ってもらった経験があります。 
役所などで手続きをする際にもこういった収入印紙が必要なこともあるようなので、それがどういったものかということやどのような所で必要になるかは一度勉強しておいたほうが良いと思いました。
軽自動車税の納付にも収入印紙が使えるのかなとも思いましたが違いました。
軽自動車税はコンビニや金融機関などで現金で納めるようです。口座振替やクレジットカード納付の制度も利用できるようです。